古紙の分別について

分別だけでもエコ、環境を考えた古紙リサイクルを

古紙をリサイクルするためには、分別回収の徹底が大切になってきます。種類によって、それぞれ違う用途の紙に再生されるからです。きちんと「分別」すれば、古紙は暮らしに役立つものとしてリサイクルされて戻ってくるのです。ぜひご協力ください!

回収できるもの

ダンボール

ダンボール

ビニール・ロウ・油・発泡スチロールなどのついていないもの。
ダンボール箱は折りたたんでください。
※(ダンボールに付いているガムテープ・止め金具は、そのままで構いません。)

新聞・折り込みチラシ

新聞・折り込みチラシ

新聞に折り込まれたチラシは、入っていてもかまいません。

雑古紙

雑古紙

雑誌や本、ハガキや封筒などダンボール、新聞チラシ、コピー用紙以外の紙類

上質OA用紙コピー用紙類

コピー用紙等OA用紙類

白地の使用済みコピー用紙・事務用紙、再生紙などの白地の紙または白地の紙のシュレッダー。 ※(バインダーや金具、ボール紙などの白い紙以外のものは、できるだけ取り除いてください。)

連続コンピューター用紙

機密文書処理

エコセーフ

オフィスミックス

その他の紙類

オフィスから出るその他の紙や工場から排出される様々な紙類 ※(種類によっては処理料金が発生する場合があります)

回収できないもの

紙ではないもの

紙ではないもの

  • トレーシングペーパー(第二原図などの石油製品の紙)フィルム・ネガ、ビニール類やクリアファイル。
  • 合成紙プラスチック製品、ゴム製品 裏カーボン紙。
  • シール、ステッカー、感熱発泡インキ、磁気のテープなどがついているもの。
  • 発泡スチロールが付着している紙(スチロールボードなど)